中央宝石研究所が発行する鑑定書

ダイヤモンドの価値は、カラット、カラー、カット、クラリティの4Cを基準としています。専門家がダイヤモンドの特徴を比較し、価値を厳密に定めるために信頼を置いている基準であり、中央宝石研究所、AGTジュムラボラトリー、米国宝石学会の3つの鑑定機関が発行するダイヤモンドルース鑑定書(ダイヤモンドグレーディングレポート)が有名です。

なかでも、中央宝石研究所は、国内の宝石鑑定判定基準の統一化を行っている宝石鑑別団体協議会の会員であるとともに、国内宝石市場におけるダイヤモンドの取扱量や鑑定実績が最も多く、特に信頼が厚い機関です。鑑定書発行部数も世界一を誇っており、ジャパンスタンダードとして確固たる地位を確立しています。

婚約指輪を購入する際には、価格はもちろんのこと、ブランドやデザインなどにこだわることが多いと思いますが、そのダイヤモンドの価値を裏付けする中央宝石研究所発行の鑑定書が付いているかどうかを見極めるのも大切なポイントのひとつとなります。

永遠の愛を誓って長きにわたって輝き続けるダイヤモンドの婚約指輪であるからこそ、価格だけでなくその品質によるグレードの違いを理解して、無理のない予算内でプレゼントすることをおすすめします。

鑑定書と鑑別書の違い

宝石を売買する際に価格算定の基準とされるものに鑑定書、鑑別書、保証書などがあります。保証書は、ブランドの正規品であることを証明、保証するものでダイヤモンドそのものの品質を証明するものではありません

一方、鑑別書は、ダイヤモンド以外のルビーやサファイアなどにつけられるもので宝石が本物であることを証明するものです。簡単にいうとその石がどんな成分でできているかを鑑別したもので、宝石が本物か偽物かを審議するために存在しています。また、本物の石であることを証明するとともに、石に処理が施されていることなどについても記述されます。つまり、鑑別書がついているからといって価値を判断する材料とはなり得ないのです。

鑑定書は、一般的にはダイヤモンドだけにつけられるもので、別名、グレーディングレポートとも呼ばれ、ダイヤモンドのグレードやランクを証明するものです。ほとんどの場合、ダイヤモンドの価値基準となる4Cについて表示されており、それによってある程度の価値を計ることができます。無色透明で一見しただけではよくわからないダイヤモンドの良し悪しを明確に示したものであり、鑑定書がついているからといって価格が高くなるとは限りませんが、信用できる鑑定鑑別機関が鑑定書を発行している場合は、安心して売買できるということができるでしょう。

婚約指輪の種類

婚約指輪には大きく分けて4つの基本的なデザインがあります。最も人気が高い「ソリティア」は婚約指輪の定番ともいわれるもので、ダイヤモンドが一粒だけセットされたシンプルなデザインで流行に左右されず、何にでも合わせられて長くつけられるのが魅力です。シンプルであるからこそ、ダイヤモンドの質にこだわる方も多く、グレードによって価格にも幅があります。

「メレ」は、センターストーンのサイドにあしらわれる0.1ct未満のダイヤモンドのことで、センターストーンの存在や輝きをより引き立て、手元を華やかな印象になるのが特徴です。ダイヤモンドは、通常0.1ct以上のものしか品質を保証する鑑定書がつかないため、メレダイヤの品質にこだわる方は少ないようです。

「パヴェ」は、フランス語で石畳や敷石を意味することばが由来となっており、アーム部分にダイヤモンドが敷き詰められたデザインはゴージャスでラグジュアリーな印象を与えるものです。「エタニティ」は、同じ大きさのストーンが並べられたデザインで、永遠を表現するものと言われています。

婚約指輪は、誕生日のプレゼントなどとは違って一生物となるため、デザインの好みや価格とともにダイヤモンドの品質にもこだわることが大切です。ダイヤモンドの品質は、鑑定書で確認することができます。

婚約指輪の歴史と意義

婚約指輪は、法的に定められたものではないものの結婚の約束を形にするもので、男性から女性に贈られる人生で最も嬉しいサプライズといわれているものです。指輪の交換の習慣はエジプトが発祥とされており、象形文字の円で結婚を描き永遠に途切れないものを表していました。古代ローマ時代は、結婚より婚約が重視される傾向があり、誓いの儀式の際に鉄の輪を送ったのが婚約指輪の始まりであるとされています

ジュエリー好きな女性でも普段のおしゃれでは決して左手の薬指に指輪はしません。婚約指輪、結婚指輪をはめるために空けておくためで、今でも、男女を問わず、左手の薬指を見れば既婚か未婚かが一目でわかります。

婚約指輪を左手の薬指にはめる習慣も古代エジプトの言い伝えによるもので、心臓により近い左手の薬指には愛の静脈があり、愛のパワーが流れていると信じられていたようです。また、薬指には、創造力があるとされており、これから新しい二人の家庭を想像するという願いも込められていると信じられていたそうです。

宝石があしらわれた婚約指輪が登場するのは中世期頃のことで、当初はサファイアやルビーがよく使われていたようです。ダイヤモンドが初めて使用されたのは、1477年、ローマ帝国皇帝となった大使が、「不屈の力」「永遠」を意味するダイヤモンドを贈るようにアドバイスを受けて結婚を申し込む際に贈ったことが由来とされています。それ以降、ダイヤモンドが永遠の愛の象徴とされました。日本でも高度経済成長期の頃から、地球上で最も硬いダイヤモンドに固い絆や永遠の愛、純粋無垢な心を象徴するものとして女性が憧れるものとなりました。