鑑定書と鑑別書の違い

宝石を売買する際に価格算定の基準とされるものに鑑定書、鑑別書、保証書などがあります。保証書は、ブランドの正規品であることを証明、保証するものでダイヤモンドそのものの品質を証明するものではありません

一方、鑑別書は、ダイヤモンド以外のルビーやサファイアなどにつけられるもので宝石が本物であることを証明するものです。簡単にいうとその石がどんな成分でできているかを鑑別したもので、宝石が本物か偽物かを審議するために存在しています。また、本物の石であることを証明するとともに、石に処理が施されていることなどについても記述されます。つまり、鑑別書がついているからといって価値を判断する材料とはなり得ないのです。

鑑定書は、一般的にはダイヤモンドだけにつけられるもので、別名、グレーディングレポートとも呼ばれ、ダイヤモンドのグレードやランクを証明するものです。ほとんどの場合、ダイヤモンドの価値基準となる4Cについて表示されており、それによってある程度の価値を計ることができます。無色透明で一見しただけではよくわからないダイヤモンドの良し悪しを明確に示したものであり、鑑定書がついているからといって価格が高くなるとは限りませんが、信用できる鑑定鑑別機関が鑑定書を発行している場合は、安心して売買できるということができるでしょう。